ふるさと納税をすることで人気の高い特産品をゲットできます!

食材

自分で自治体が決められる

肉

ふるさと納税は、2000円以上を自治体に納めることで、様々な恩恵を受けられる制度です。納税の見返りとして、住民税の控除や特産品の贈呈などがあります。また、献金する自治体は自分で決めることが可能であり、複数選ぶこともできます。

もっと読む

使い道は多様です

蟹

ふるさと納税をする自治体を、自治体の使い道で選ぶ方は多いとされています。基本的にふるさと納税というのは個人が自治体に寄付するものなので、地域住民に密着した使い道である必要があります。たとえば、新庁舎の建築費などに使用されても、庁舎を毎日使うのは役所の人間なので、住民はそこに関心が薄いといえます。できるだけ住民が目に見えて助かるような税金の使い道を自治体は要求されているのです。昨年度に最も人気であったふるさと納税の使い道は、子育て支援などのようです。子育てを支援して欲しいと考えている方は多いとされています。少子化問題を軸に子育ての問題は、国会でも広く議論されていますが、未だ根本的な解決策は実施されていないのが現状とされています。そのようななかで、子育てを自治体にも手伝って欲しいと考えている方は、徐々に増えています。また、国会のように国レベルで解決策を練るより、地方自治体の方が地域の課題が見えているので、地域密着型の政策を打つことが可能ともされています。災害などによる復興支援も人気のふるさと納税の使い道となっています。大規模な災害などが起こると、もはや地方では、どのようにお金をまわしても手のうちようがない被害を受けることがあります。地方自治体の力だけで復興しようとすると、元に戻るまで最悪数十年かかってしまう恐れがあるのです。ふるさと納税はこのようなときに役立ちます。大きな災害はTVなどで盛んに報道されるので、視聴者のなかにはこの地方の復興を助けたいと考えている方がいるでしょう。そのため、このような地域には様々な地域の方から、復興支援のためのふるさと納税が集められます。このように、様々な人気のある前金の使い道があるのです。

地方の魅力を感じよう

肉

ふるさと納税を納める自治体を贈られる特産品から選んでいる方は多いようです。自治体にとっても、地方の魅力をアピールする機会になっています。魅力的な特産品を探すには、インターネットなどで特産品ランキングを見ると便利です。

もっと読む

注意点に気をつけよう

蟹

ふるさと納税は個人が納税するものですが、最近は企業版ふるさと納税というものがあり、企業でも応援している自治体に納税することが可能になりました。しかし、裕福な自治体や企業が所在する自治体に納税することはできない仕組みです。

もっと読む